西武新宿駅と新宿駅が離れている理由【接続の可能性は?】【私鉄各線が急カーブする理由】

 山手線の様々な駅ではJRと私鉄各線が乗り換えられます。池袋では西武と東武、渋谷や目黒では東急、上野では京成などが例として挙げられます。そして日本一の駅、新宿でも小田急や京王などと接続しています。西武新宿線も新宿には到達していますが、「西武新宿」と名乗っており、実際、新宿駅からは少し離れています。なぜでしょうか。今回はその理由と、私鉄各線が山手線との接続駅付近で急カーブしている理由についても解説したいと思います。

 

1.西武新宿線の計画

 もともと西武新宿線は西武地区(村山)と都心を結ぶ鉄道路線計画でした。そして、実際に村山と高田馬場を結ぶ路線は戦前には完成していました。しかし、当時の山手線のの山手地区は何も無く、山手線の東側が栄えていたため、西武は早稲田まで延長させ、市電に乗り入れることで村山と都心を結ぶ計画でした。免許も持っていたそうですが、結局実現には至りませんでした。そこで、今度は新宿まで延伸させる計画を打ち出し、免許も認められました。ただ、当時(戦後)の新宿は雑多な地域で、鉄道を引く前提の区画整理はなされていなかったため、1952年、新宿の入り口(現在の西武新宿駅)に仮駅を設けたのです。

 そして新宿駅東口の区画整理(再開発)に手が付けられ、東口に駅ビルを建設することになり、西武もそのビルに付随するように駅を設ける運びとなりました。実際、ビルには駅を設けるための構造はあったようですが、ホームの長さが6両編成までであり、1面2線しか設けれられない構造であったため、当時の西武新宿線の輸送量を賄えないとして乗り換え計画は中止になりました。ちなみに、そのビルというのが現在のルミネエストです。

 正式に新宿乗り換えがなくなってからは1977年に西武新宿駅に駅ビル(現在のプリンスホテルやPePe)が建設され、完全にターミナル駅(終着駅)となりました。

f:id:TripLab:20201125111040j:plain

現在の西武新宿駅
2.西武新宿線の新宿乗り入れの可能性

f:id:TripLab:20201125111155j:plain

 新宿乗り入れの可能性はゼロです。先ほど述べたように、駅ビルができ、新宿も再開発が終了したため、まずもって乗り入れることはないでしょう。実際、JR新宿駅の東口には徒歩7分ほどで行けますし、そもそも高田馬場駅で乗り換えができるので、わざわざ新宿で乗り換えられるようにする必要もないと思います。加えて、新宿の歌舞伎町エリアにはJRより近いですし、西武新宿駅を出てすぐに大ガードをくぐれば西口のビル群にもそれほど時間をかけずに行くことができ、現在の位置はとても便利です。

 しかし、都心乗り入れの可能性として、高田馬場駅付近で東西線に接続させるという計画はなくはないと思います。ただ、こちらもまだ何も話し合われていないので妄想のような話だと思っていただきたいです。

 

3.私鉄各線が急カーブする理由

 最後に、私鉄各線が山手線との接続駅付近で急カーブをすることが多い理由を解説したいと思います。今回挙げた西武新宿線高田馬場駅で山手線の内側に入り込む時に急カーブをしています。池袋では西武池袋線が、昔は渋谷で東急東横線が、急カーブで山手線の接続駅に進入します。また、少し変わった例を挙げると、五反田駅では東急池上線が意味深に山手線を跨ぎ、さらにぶつ切りのような構造になっています。

 このような構造の理由は、私鉄各線が山手線の内側、都心方面に延伸させたかったからです。先ほど述べたように、西武新宿線高田馬場と早稲田を結び、市電に接続させる計画があったため、早稲田に直進できるような線形だったのです。しかし、それが実現せず、新宿までの路線が認可されたため、無理やり曲げて進路を南(新宿方面にしたのです)

 他の私鉄各線も山手線の内側に何としても乗り入れたかったのだとは思いますが、鉄道省が認めなかったり、実現がしなかったりしたのです。急カーブはその名残とも言えるでしょう。

 その後、市電はほとんど廃止され、都心には土地も無かったため、地下鉄が発展したのです。そして、私鉄各線は自社線で乗り入れることは不可能なため、何とか地下鉄に接続して、都心まで列車を直通させるようになったのです。