日本で一番便利な空港!福岡空港を紹介!

 東京にお住まいの方なら羽田空港を利用することが多いと思います。モノレールや京急、さらにリムジンバスは各都市から出ていて便利かもしれません。しかし、やっぱり新宿や東京の都心からはどんなに急いでも30分はかかります。大阪にお住まいの方なら伊丹空港をよく利用されると思いますが、同じく大阪市内からは少し遠いです。

 このように空港と市内はある程度距離があることが多いですが、福岡空港は違います!

 ご覧のように博多や天神といった繁華街からとても近いのです。博多までは5分程度天神までも15分ほどでアクセスできます。羽田では最近まで都心上空を飛ばない飛行ルートが採られていましたが、福岡ではずっと前から上空を飛行機が飛んでいます。

 そして何より驚きなのは、滑走路が1本しかないことです!福岡空港は全国各地を結ぶ路線があり、さらに国際線もあります。発着回数もトップレベルで多く、滑走路1本あたりの離発着回数は日本一です。忙しい時間帯は3分に1便のペースで離発着が行われています。 以前から滑走路を増設させたいという話はありましたが、すでに周辺は発展しており、これ以上空港を拡張することはできません。しかし、今は滑走路を2本にする工事が行われている最中です。ではどうやって実現させたのか。それは国内線ターミナルを少し外側(滑走路から離れるよう)に移動させ、ターミナルをずらし、その空いたスペースに滑走路をもう1本設けるというものです。しかし、”ずらす”といっても何百メートルもずらせるものではありません。なので、将来は滑走路が2本になりますが、同時に離陸や着陸はできません。それでも1本を離陸用、もう1本を着陸用にすることで、滑走路にはだいぶ余裕が生まれます。もう少し細かく言うと、滑走路内では1機の飛行機しか動けないので、1本の場合は着陸機が完全に滑走路から出るまで、離陸機は滑走路内で待機するしなければなりません。一方、2本あれば、着陸機が完全に着陸していれば、滑走路で減速中であろうが、もう1本の滑走路に支障はないので、その段階で離陸できるのです。少し難しい話になり、私もこの説明の仕方で正しいのかは分かりませんが、簡単に言うと、とても便利になるということです。

 国内線ターミナルが新しくなり、ターミナル内には様々飲食店も入居しています。空港に行くだけでも楽しめる場所になっていると思います。では最後に展望デッキや機内から撮影した写真を紹介します。

f:id:TripLab:20201113221129j:plain

 福岡空港を離陸する全日空機。行き先は分かりませんが、大きい機体なので羽田だと思います。

f:id:TripLab:20201113221241j:plain

 福岡空港にはスターフライヤーもよく見かけます。スターフライヤーは羽田から関空や北九州、福岡などの路線を持っています。

f:id:TripLab:20201113221400j:plain

 スカイマークです。スカイマークも羽田ー福岡便は1時間に1便程度あります。羽田ー福岡は全日空日本航空がほとんどですが、スカイマークはその2社に比べて安いので狙い目かもしれません。

f:id:TripLab:20201113221543j:plain

 離陸した日本航空機です。飛行機着陸する瞬間も格好いいですが、離陸している写真も映えると思います。

f:id:TripLab:20201113221710j:plain

 最後はジェットスターです。福岡空港にはLCCも就航しています。また、福岡空港は沖止めもあることにはありますが、LCCは沖止めではなく、ボーディングブリッジがある搭乗口にスポットインすることが多いと思います。羽田便はありませんが、成田便はあるので、成田空港のほうが近い方はLCCも利用されてみてはいかがでしょうか。

 いかがでしたでしょうか。このように福岡空港は日本一便利な空港だと思います。福岡に行かれる際には是非飛行機をご利用ください!