東京~札幌 どう移動する?【飛行機、新幹線、フェリーや高速バスも!?】

 移動手段比較シリーズの第6弾かと思います。今回は東京から札幌までどのような移動があるのか、時間や料金などをまとめてみました。

f:id:TripLab:20201001085025j:plain

札幌にある時計台

 2010年代前半までは寝台特急カシオペア号や北斗星が運行されていたので一晩で行くことができました。懐かしいですね、とは言っても筆者は乗ったことがありません。一度くらい乗ってみたかったものです。。。

f:id:TripLab:20201001085213j:plain

寝台特急カシオペア

 しかし、上に挙げた列車は今は運行していないので一旦置いといて...今回は新幹線、飛行機、船、普通列車、そしてその他の移動手段を紹介します。

①新幹線

 2016年に北海道新幹線新函館北斗まで開業しました。もう4年経つんですね。これによって東京と北海道が最速3時間58分で結ばれるようになりました。しかしあくまで新函館北斗まで。そこからは在来線の特急「北斗」に乗り換える必要があります。乗り換えて札幌に着くまでには最速8時間11分かかります。運賃は指定席利用で27,760円。やっぱり時間もかかるし少し高めですね。ちなみに函館に行く場合は新函館北斗から、はこだてライナーに乗り換えて4時間26分で着きます。しかし函館は空港も中心地から近いということもあり、飛行機との競合には負けています。

 2037年には北海道新幹線が札幌まで開業する予定です。運賃などは分かりませんが、そのころには東北新幹線が360km運転しているかもしれませんし、青函トンネル内の最高速度も引き上げられ、所要時間は短くなっていると思います。東京駅で札幌行きの表示を見るなんて楽しみですね。

 

②飛行機

f:id:TripLab:20201001085435j:plain

 つづいて飛行機です。はっきりいって寝台特急がなくなった今、札幌には飛行機で行くのが一番良い手段で、シェアもダントツだと思います。運行本数も東京―福岡便に次いで二番目です。運賃はレガシィの航空会社で最も安くて(3か月以上前などに取れば)1万円を切り、直前になると3万円台になると思います。所要時間は約1時間40分です、やっぱり早い!ちなみに新千歳空港に到着するので札幌まではバスか鉄道(快速エアポート)で行く必要があります。鉄道だと40分くらいです。ですが、そのまま北海道観光をするならレンタカーを借りて移動するのが一番良いと思います。

 ちなみにLCCの飛行機は成田空港から出ており、所要時間はあまり変わらず、運賃は1万円程度かと思います。

 

③船

f:id:TripLab:20201001105647j:plain

写真は津軽海峡フェリー

 北海道にはいろいろなところから船が就航しています。一番有名なのは青函連絡船かと思いますが、それ以外にも小樽ー舞鶴/新潟、苫小牧―敦賀/新潟/秋田や室蘭―八戸、苫小牧からは八戸、宮古、大洗、仙台・名古屋があります。今回注目するのは苫小牧ー大洗を結んでいる商船三井フェリーです。こちらは大洗から夕方便に乗ると、19時45分に出航し、翌14時に苫小牧に到着します。運賃は最も安い期間の最も安い部屋で10,740円です。ちなみにその部屋は最も高い期間になると19,200円になります。時間はかかりますが、ゆったりのびのび行きたい方にはオススメです。またイカーで北海道ドライブをしたい、という方にもオススメです。

普通列車

f:id:TripLab:20201001112532j:plain

 これを取り上げるのもどうかと思いますが、一応、、、(笑)。まぁ青春18きっぷのシーズンになるとこういう移動をする猛者が現れるかもしれません。ちなみに青函トンネル区間北海道新幹線を使います。まず青森までは上越羽越線経由と、東北、奥羽線経由、東北本線ルートの三つがあります。どのルートでも朝一に出発すれば、当日中に青森までは到達できます。そこから(正確には奥津軽いまべつ駅まで行き、)は青春18きっぷ北海道新幹線オプション券(2490円)を使用し、北海道へ抜けます。そして木古内からはまた普通列車に乗り、札幌に向かいます。多分2日あれば行けると思います。

 また、オプション券を使わずとも、夜に青森に到着するので、船で北海道に渡り、翌朝函館から移動するのもアリでしょう。

 

⑤その他(夜行バス!?)

f:id:TripLab:20190314002450j:plain

sample

 最後に紹介するのは夜行バスで行く方法です。とは言っても皆さんご存知のように本州と北海道の間はバスでは移動できないので津軽海峡フェリーを使います。まずは東京から青森まで夜行バスで移動し、青森港で津軽海峡フェリーに乗り換えます。このルートは弘南バスと津軽海峡フェリーがコラボして1つのきっぷとして販売されています。東京を21時30分に出発し、函館(フェリーターミナル)に着くのは13時40分です。運賃は8500~円。そこから函館駅に移動し、また高速バスに乗り換えると21時くらに札幌に着きます。所要時間は約24時間(笑)。興味のある方は是非、、、

 

まとめ

 最後に今まで挙げたものをまとめたいと思います。 

f:id:TripLab:20201001113920p:plain

飛行機の所要時間は空港間のみの時間

 なお、所要時間は2020年10月時点のものであり、運賃もコロナ禍で安くなっている場合があります。ご利用の際には最新の情報をご確認ください。