特急踊り子で行く熱海旅行!

 今回は、関東にお住まいの方ならアクセスしやすい熱海をレビューしたいと思います。

 旅の出発は東京駅から。熱海へは在来線か新幹線で行けますが、今回は在来線特急「踊り子」を利用します。踊り子号は東京駅を00分や30分というキリの良い時間に出発するので利用しやすいです。というわけで9時前に9番線へ向かいます。

f:id:TripLab:20210521093752j:plain

回送で入線する「踊り子」

f:id:TripLab:20210521093946j:plain

幕式の行先表示とグリーン車マークが合う

 この日は185系の引退が迫っていたこともあり、ホームでは撮影をしている人が多かったです。185系は引退してもE257系という車両で「踊り子」は運転され続けています。さて、私自身も185系に乗るのは最初で最後だと思ったのでグリーン車に乗ってみました。

f:id:TripLab:20210521093901j:plain

グリーン車の座席

 さすがはグリーン車。足元も広く、フットレストもあるのでとても快適です。鉄道唱歌のオルゴールチャイムのあと車掌さんが肉声で途中停車駅の案内をします。これが旅情があってとても良い、、、

 ちなみに今回は小田原までしか乗りません。理由の1つには小田原の先にあり、特急は停車しない根府川駅に行きたいというのがあります。そしてもう一つの理由は小田原までだとグリーン車を含めた特急料金が2000円に収まるからです。別に運賃が必要なのでそれに2000円追加するとなると高いと思われる方もいるかもしれませんが、熱海までだとさらに1.5倍くらいするので、個人的には乗り得区間だと思います。

f:id:TripLab:20210312170051j:plain

グリーン車の全景

f:id:TripLab:20210521094054j:plain

昔ながらの洗面台

f:id:TripLab:20210521094345j:plain

普通車の座席

  最初で最後なので車内探検や写真撮影をしつつ、グリーン席を満喫しているとあっという間に小田原に到着です。約1時間の乗車になりました。

 ここからすぐに続行の普通列車に乗り換えます。根府川駅にはすぐの到着です。

f:id:TripLab:20210521094457j:plain

旅情のある駅舎

 この根府川駅は日本の駅100選にも選ばれている、海に面した昔ながらの駅です。さて根府川駅を訪れたのは、単に一度は駅舎を見たかったというだけでなく、185系を綺麗に撮ってみたいと思ったからです。根府川駅周辺には有名な鉄道写真の撮影スポットがいくつもあります。今回私は事前にグーグルマップで良さげな場所を調べておきました。駅から熱海方面に20分ほど歩いた場所です。特段有名な撮影スポットというわけではないとは思いますが、4名ほど先客がいらっしゃいました。皆さん一眼レフカメラや望遠カメラなどを持っておられて”本気”の人です。それに対して私はスマホ...(笑)。まぁ私は撮るより乗る方が好きで、今回のような撮影スポットに行ったのはほとんど初です。

f:id:TripLab:20210521094541j:plain

 これがそんな私が撮った写真。やっぱり画質悪いし、見る人が見ればイマイチだと思います。けど個人的には満足しているので、許してください(笑)。根府川駅まで来た道を戻ります。

f:id:TripLab:20210521094614j:plain

根府川駅は海にとても近い

f:id:TripLab:20210521094644j:plain

根府川駅を通過する貨物列車

 列車は大体20分間隔で運転されているので青春18きっぷで途中下車して見物するのも良いと思います。

f:id:TripLab:20210521094927j:plain

 そして目的地、熱海に到着です。お昼ご飯は駅前ビルの地下一階にある定食屋でいただきます。

f:id:TripLab:20210521094949j:plain

 金目鯛の煮つけやお刺身もついてこれで1000円!とっても安い!もちろん美味しかったです。お昼ご飯を食べたら腹ごなしに熱海の街を歩くことをお勧めします。熱海には最近、若者に人気のありそうなショップも数多くあります。熱海プリンは有名ですよね。ですが、ご飯は食べたばかりなので海を見に行きましょう!

f:id:TripLab:20210521095012j:plain

 熱海サンビーチは駅から徒歩15分ほどと意外と遠いですが、道中には商店街もあるので疲れを意識することなく向かえます。海を見ながらぼーっとするのも良いと思います。私はしばらく海を眺めてから次に行く場所を考えます。決めました、来宮神社に行こう。来宮神社の最寄駅は来宮駅ですが、熱海サンビーチからだと徒歩でも行くことができます。大体20分くらいです。ずっと上り坂が続くので楽をしたい方はバスでも行けるのでそちらをご利用ください。

f:id:TripLab:20210521095056j:plain

f:id:TripLab:20210521095117j:plain

 来宮神社には樹齢2100年の大楠があり、パワースポットにもなっています。楠の周りを1周すると寿命が延びるとか言われています。神社自体は来福、縁起の神として信仰されています。神社自体も立派ですし、大楠の大きさには圧倒されますので、熱海を訪れた際には是非お立ち寄りください。

 帰りは電車で帰ろうかと思いますが、来宮駅伊東線で1時間に1本ほど。タイミングが悪く、50分ほど待つことになります。この間に熱海梅園にも行こうかと思いましたが、梅の見ごろが終わってしまったことと、さすがに梅園まではさらに徒歩20分ほどかかることが分かったので行きかけて戻りました。

f:id:TripLab:20210521095205j:plain

伊東線は日中のほとんどが伊豆急行の列車で運転される

f:id:TripLab:20210521095310j:plain

電車を待っていたら、偶然、、、

 熱海には今あげた梅園もありますし、何といっても温泉があります!今回は根府川駅や撮影スポットを訪れたため、熱海滞在時間が少なくなり、温泉には入れませんでした。しかし、おそらく読者の皆様はそんな場所には行かないと思うので、朝9時の特急だと10時半には熱海に着き、観光できます。また新幹線に乗ればもっと早く到着できます。さらに言うと、ホテルや旅館に泊まってもっとゆったりとした時間が過ごせると思います。皆様も是非、熱海旅行を検討してみてください!

 

 さて次回は熱海旅行の帰路をレビューしたいと思います。お楽しみに!