都内の未成線・計画路線!実現の可能性はあるのか?(豊住線)(大江戸線)(メトロセブン)

 新しい鉄道が開通したり、延伸したりすることは最近はほとんどないですが、将来できるかも、という路線は都内にはたくさんあります。先日お伝えした、羽田空港アクセス線もその1つです。ですが、今回はもっとたくさんあるということをお伝えしたいと思います。

有楽町支線(豊住線)

f:id:TripLab:20201214144712j:plain

 有楽町線豊洲駅から支線として半蔵門線住吉駅に接続する計画です。この計画は昔から取り上げられており、豊洲駅住吉駅(さらにその先の押上駅)にはそれに対応できる駅の構造をすでに持っています。東京の東端、江戸川区周辺は東西には移動しやすいですが、南北には移動しにくいので、こういった路線が望まれるのもよく分かります。もし完成すると今の丸ノ内線方南町支線のような運行の形になるのでしょうか。詳しい内容は分かりませんが、いつかは実現するのではないかと思います。

 さきほど、押上駅にも対応がされていると述べましたが、そう、実はさらなる計画もあるのです。それは押上から四ツ木、亀有を経由し、最終的には野田市までつながる計画です。住吉ー押上間はおそらく半蔵門線と併用し、押上から先は専用線になるのだと思います。そのため、押上駅には数十メートルだけ延伸されている線路がすでに存在しているのです。しかし、まだ検討段階であり、実現はしないのではないかと思います。

 

大江戸線

 都内を6の字型に走る大江戸線、地下鉄の中では比較的新しい路線であり、地下深くを走っているということでも有名です。そしてこの路線の延伸のうち、都が対象としているのは光が丘ー大泉学園です。計画自体は東所沢まで続いています。光が丘から大泉学園の間は道路の整備が進められ、地下鉄はその道路の下を通せばよいので、あとは金銭的な負担をどうするのかという問題だけです。その先の区間に関しては需要の観点から、「十分な検討が必要」とされています。

 

多摩都市モノレール(上北台ー箱根ヶ崎、多摩センターー町田)

①上北台ー箱根ヶ崎

 この区間に関してはすでにモノレールの下を通る道路の整備は進められています。特に箱根ヶ崎までの区間にある武蔵村山市は鉄道が通っていないため、昔からこのモノレールの延伸を望んでいました。そういった意味でもこの区間に関しては需要も望めると思うので実現の可能性も高いと思います。

②多摩センター町田

  多摩センターから南に延伸する形です。やはり東京の多摩地区は縦の移動ができる鉄道が少ない、不便なのでこの計画があってもおかしくはないと思います。計画路線の沿線には大学などもありそれなりに利用客も見込めそうです。町田は小田急の特急も停車する駅であり、、JR横浜線も通っているのでととても便利だと思います。ただまだ、道路の整備などが行われていないため、実現はかなり先になりそうです。

 これとは別に多摩センターから西に向かって八王子まで延伸する計画もあります。この計画はまだ”計画”程度です。実際、需要があるのかと言われればそんなにはないと思います。まだ町田に延伸する方が需要があると思います。

 

 ここから先は夢のまた夢のような計画路線についてです。

メトロセブンエイトライナー

 それぞれ名前の通り、環状7号線と環状8号線の地下を通る計画です。大きな道路の下を通るので用地買収に関してはそれほど難しくはないと思いますが、それほどの需要があるのかどうか。また本当に環七・環八の下だけを通すなら、近くに接続する駅がない場所もあります。さらに総工費は片方だけで1兆円をはるかに超えると言われています。おそらく実現はしないでしょう。

 

 いかがでしたでしょうか。実現の可能性が高そうな計画もあれば、ほぼ実現しないであろう路線も紹介しました。都内は土地がないため、新路線は地下がメインとなります。そのため、建設費も莫大な額になるため、計画はたくさんありますが、実現するには時間がかかりそうです。